ホームレス資料センター

特定非営利活動法人 ホームレス資料センター

〒171-0021 東京都豊島区西池袋5-26-16 CHIBAビル402
TEL・FAX 03-6905-8656
「ホームレスと社会」Vol.4 May.2011

「ホームレスと社会」Vol.4 May.2011

maga-hsvol004
編集:「ホームレスと社会」編集委員会
発行:明石書店
定価:1600円+税
最寄りの書店でご購入または、Fujisan.co.jpで定期購読をお願いします。

CONTENTS

被災現地から  今井誠二

ローカルレポート
旭川       極寒の地にも             どんぐりの会
石川       関わりからつながりへ         石川ホームレス自立支援ネットワーク
埼玉・所沢    Tさんのこと             サマリア
福島       6年目になった路上生活者の支援    福島県生活と健康を守る会連合会
浜松       “ゆるやかな家族”のように       ふぁみりあ
岐阜       毎日問題が山積み           ぎふ派遣労働者サポートセンター結
京都       パーソナルサポーター制度の開始    グローバルヒューマン
釜ヶ崎      健診アフタフォロー          生活サポート釜ヶ崎
松山       多重債務相談からシェルター運営へ   松山たちばなの会
広島       6カ所のシェルターを開設       反貧困ネットワーク広島
福岡       福岡市就労自立支援センターを運営して 福岡すまいの会
宮崎       ホームレスらしき人の激減       宮崎ほほえみの会

特集 貧困と医療格差
巻頭言:制度を憎んで人を憎まず:鈴木亘
・地域連携による医療・ケアと居住の課題への取組み ―山谷はひとつのモデルとなり得るか?:本田 徹
・済生会熊本病院との連携による健康支援:坂井寛美
・ホームレス自立支援歯科保健活動―福岡からの報告:西本美恵子/岩井 梢
・あいりん地域と医療―釜ヶ崎における医療の現状:奥村晴彦
・ホームレスへの健康支援に関する実践的研究―NPOヘルスサポート大阪の活動報告:逢坂隆子
・大阪を中心にした「行路病院」の実態と対策:原 昌平
・座談会 「逸脱する病院ビジネスとホームレスの人々の医療問題」:鈴木 亘(司会)小林和樹・高鳥毛敏雄・西崎浩二

研究
*海外
・アメリカにおけるホームレス支援の枠組み:久本貴志
*国内
・「ギャンブル依存」にどう取組むか―多重債務者の支援現場にみる新たな展開:大山小夜
・生活困窮者に対する地域生活支援―NPO活動の意義と課題:田中聡子
*調査レポート
・特別区の保護施設等利用者調査から:北川由紀彦
・沖縄県におけるホームレス対策事業の現状と課題―那覇市での実践を中心に:伊志嶺 勉

援助技術
・当事者性と地域に根づく自立支援―釧路市における取組みから:櫛部武俊
・アルコール依存症について:森 英夫
・路上からのリカバリーを阻む壁を越える―障がいという視点:森川すいめい ほか
・絆支援の制度化―「第3の困窮としての関係の困窮」に対するPSP(パーソナル・サポート・パーソン)の可能性:奥田知志

フィールドノート
札幌から:中西将人 勝俣茜 但木水紀

エッセー
・DVDを使った授業: 生田武志
・互助的支援と生活支援――「ふるさとの会」の相談室の試み(3):佐藤幹夫

書評
この人が選ぶこの1冊
・田巻松雄:青木秀男編著「ホームレス・スタディーズー排除と包摂のリアリティ」
・萩原景節:飯島裕子・ビッギシュー基金著「ルポ若者ホームレス」
・岡部 卓:本田良一著「ルポ生活保護―貧困をなくす新たな取組み」

その他
ホームレス問題に関する書籍・論文情報
ホームレス問題に関するニュースクリップ

読者の声

« »